土用丑の日はおいしいうなぎ!

土用丑の日のお得でおいしいうなぎ情報が満載!

土用丑の日のうなぎ情報です。

2018年も蒸し暑くなってきましたね~。早くも猛暑日が続いています。

土用丑の日 2018年はいつ?

夏のスタミナ不足、夏バテ解消には古来から暑さの一番厳しい土用丑の日にうなぎを食べる習慣があります。2018年の土用丑の日は1回で7月20日です。スーパーのうなぎ蒲焼より格段においしいうなぎお取り寄せ情報も掲載しています。

土用丑の日に行きたい、おいしいうなぎ屋、うな重、うな丼の店はコチラ

グルメお取り寄せランキングで人気のうなぎ蒲焼通販情報

うなぎ お取り寄せ 通販おすすめ情報

2018年 #土用丑の日 話題のうなぎ屋さん

#暑い? #食欲ない なぁ?? と言いながらも、ペロリ?? #鰻 力、ありますな? #土用丑の日 、先取りしました?? 7月も頑張ろう? #一二三本店 #若林 #松陰神社 そば #鰻屋さん #要予約 予約無しだと入られないかも。 #鰻重 #うな重 #肝吸 #肝吸い #きも吸い

野中りえ Rie Nonakaさん(@rie11nonaka)がシェアした投稿 -

#鰻#うなぎ#メシスタグラム #土用丑の日 ちょっとはやいw

かずさん(@kzk.7777)がシェアした投稿 -

土用丑の日のうなぎはコチラ

土用丑の日にうなぎを食べるようになった由来

実は、うなぎの旬は冬で、夏には売れなかったうなぎ屋にエレキテルなどの発明で有名な平賀源内が「本日土用丑の日」という看板をかけたら大人気になったことから、日本中のうなぎ屋さんが真似したといいます。

科学者である平賀源内はうなぎのスタミナ成分が夏バテ防止に効果があるということに気づいていたんでしょうか?

蒲焼きは関東風と関西風で違う

うなぎの食べ方といえばうな重・うな丼・うざく・ちらし寿司・肝吸いなどがありますが、肝吸い以外は蒲焼が基本ですよね。

甘辛いうなぎのたれで食べる蒲焼は大人も子供も大好きで、そのにおいだけでご飯が食べれるという落語もあるくらいです。

関西風の蒲焼はうなぎを腹から開いてそのまま焼くので、香ばしい食感が特徴です。

一方、関東風の蒲焼は背開きで、一度焼いた後に蒸してからたれをつけて二度焼きします。

そのため、ふっくら柔らかいうなぎの蒲焼が食べられるんですね。

どちらが好きかはお好みですが、うなぎは素材の鰻のよさ・さばき方・焼き方・たれで味が大きく変わります。

スーパーでも価格が高騰しているうなぎの蒲焼、せっかくなら近くで人気のうなぎ屋さんにおいしいうな重を食べに行きましょう